塩ビ工業・環境協会

樹脂窓は日本の元気な住宅を応援します 樹脂窓と暮らそう

  • 樹脂窓の性能
  • 窓(外窓)
  • 二重窓(内窓)

ホーム > 樹脂窓の性能

窓から冷暖房費をムダに捨てていませんか?窓のために快適生活をあきらめていませんか?

樹脂窓は、ムダなく快適な家をつくる窓です。

樹脂窓の性能

断熱・遮熱、気密性に優れている。

窓から逃げたり入ったりする
熱量が少ない。

樹脂窓はアルミ窓と比べて、
窓から逃げる熱量を約71%削減。

引き違い窓の場合ガラス部分熱量は約65%削減。サッシ部分の熱量はなんと約80%削減!窓全体では約70%の削減。つまり・・・

夏:外の暑さが部屋に入り込ませない。
冬:室内の暖かさを外に逃がさない。

「樹脂窓の構造」ページへ

窓枠とガラスの部分別:窓から逃げる熱量

樹脂窓(Low-Eガラス)の断熱性は、
窓の省エネ建材等級制度で最高位の4つ星★★★★

経済産業省告示の省エネ建材等級「窓」分野において、
最高位を得ています。

※日本国内の最高位を得る窓は他に、木製窓、アルミ樹脂複合窓
(いずれもLow-E複層ガラス)があります。

海外先進国の規定ではもっと厳しい断熱性が定めれられていますが、樹脂窓(または木製窓)ならクリアします。

ガラスだけ、サッシだけの性能表示ではなく「窓」としての断熱性を表すマークです。

先進国の住宅では樹脂窓が主流

樹脂窓は、環境先進国ドイツで誕生して以来、欧米の先進諸国や中国で、省エネ推進の観点から急速に普及している。

環境先進国では、
樹脂窓じゃないと家を建てられない?

新築・リフォーム時の窓の断熱性能は、
法律によって定めらる国が増えています。

詳細は「日本と海外/窓の断熱規制について」ページ参照

各国のサッシ普及率

日本では、寒い地域で樹脂サッシは約95.5%の普及率

日本では1975年に発売開始されて以来、北海道をはじめとした寒冷地を中心に普及。

日本全国での認知度が低いのが実情

日本国内における樹脂サッシ普及率

ページトップへ戻る