塩ビ工業・環境協会

樹脂窓は日本の元気な住宅を応援します 樹脂窓と暮らそう

  • 樹脂窓の性能
  • 窓(外窓)
  • 二重窓(内窓)

ホーム > 日本と海外 窓の断熱規制について

日本と海外 窓の断熱規制について

日本の取り組み

2020年までの温室効果ガス削減目標は
1990年の25%減
2009年9月、政府は、「2020年までに温室効果ガスを1990年比25%削減」とする環境中期目標を発表しました。
「チャレンジ25プロジェクト」として、住宅のエコリフォーム等、様々な重点施策が打ち出されています。
日本がCO2排出量を削減するカギは
建物の断熱です。
給油システムなどの技術を誇る日本では、それを最大限に生かすための建物の断熱が必要です。
2007年度は、民生部門(家庭部門と業務部門)から排出されるCO2が全体の30%を占めました。冷暖房などが大きく関わる民生部門のCO2を減らすことが重要です。
海外先進国に追いつこう、日本!
海外の先進国では、厳しい窓の断熱性が法制化されています。日本では、住宅の省エネ対策が加速するよう整備していますが、強制的な法規制はありません。
欧州ビジネス協会から、断熱規制強化の要望が発表されました。
欧州ビジネス協会からの提言書
~日本政府に対して断熱規制の強化を要望~
日本は窓の断熱基準が低い。
東京の気候条件(IV地域)の都市における2.7~4.65の窓U値は、2未満の国が多いEUの同様の基準を大きく下回っており、ソウル、上海、北京の多くの建物よりも劣っている。
同様の気候条件をもつ他の多くのOECD諸国並みに、窓についてはU 2未満、ドアについてはU 3未満のU値(熱貫流率- W/㎡・C)を義務付ける。
欧州では断熱規制は強制的

日本には強制的な規則がなく、エネルギー効率の低い建物によってもたらされるエネルギー消費の大幅増を規制する計画もなさそうである。

EBCの提言書より抜粋
出典:欧州ビジネス協会(EBC) 提言書 2008年7月

海外の取り組みを見てみよう

イギリス 新築住宅のゼロエミッション化(CO2排出ゼロ住宅)を
目指すイギリス。窓のU値を法制化。
詳細を見る(PDF)
アメリカ エネルギーの効率化を加速しているアメリカ。
各州がそれぞれ独自に、窓のU値を法制化。
詳細を見る(PDF)
中国 巨大な住宅市場を持つ中国は環境対策が急務。
広い国を、気候区分によって法制化。
詳細を見る(PDF)

ページトップへ戻る